センセーション ベーシック カラーセラピスト養成講座

2017年8月7日




カラーセラピーと言われるセラピーには沢山の手法がありますが、ここでは福岡のヒーリングサロンLa cachette(ラカシェット)で提供しているセンセーションのカラーセラピースト養成講座についてまとめています。

カラーセラピーには、それぞれに特徴があり、色に対する意味や解釈の仕方はおおよそ同じなのですが、その色を使ってセラピー効果を高めようとするときには、色の解釈がどのレベルにアプローチしていくのかを理解しておく必要があります。

このレベルというのは、

  • 心理(こころ)
  • 精神(意識)
  • 体(肉体)

になります。

ちょっと難しい感じがしますが、難しくないんですよ。

例えば赤色。

この赤を見た時、どんな気持ちになりますか?

イメージするのは

情熱、火、陽、熱、血液などが一般的かもしれません。

人に例えると、赤と聞いて私は松岡修造氏を思い浮かべます。

Sponsored Links

カナダのセンセーション・カラーセラピーとは?

カナダのセンセーション・カラーセラピーは、1995年にカナダのステファニー・ファレルによって確立されました。

シンプルな10本のチャクラに対応したカラーボトルを用いて、本来の性格、課題や可能性、またチャクラやオーラのの状態を読み解き、今必要な色や心を静めてくれる色を探していくセラピーです。

色彩心理学とチャクラの概念を融合させたセラピーで、シンプルなのですが、心とチャクラと同時にアプローチしていくので、セラピー効果が早く、気持ちが変わったことを自覚しやすいセラピーです。

このセンセーションのカラーセラピーの特徴は「ミッシングカラー」といって欠落した色=選択されなかった色にアプローチしてくことです。

通常は選ばれた色だけでせらぴーが行われることがほとんどですが、選ばれなかった色にアプローチすることによって、深いレベルで、自分に気づきセラピー効果を高めてくれるのです。

ここではカラーセラピスト養成講座についてまとめています。

センセーション・カラーセラピスト養成講座

どんなことを学びますか?

センセーション・カラーセラピスト養成講座では、セラピーに使う10色の色について、カラーボトルを使いながら学んでいきます。

1色に対して、以下の3つの効果について学びます。

  • 心理的効果
  • 肉体的効果
  • 精神的効果

の3つの意味やそれが選ばれた時の状況や改善点について、です。

それぞれの3つの効果については、プラスとマイナスの両面から学びます。

これによってマイナス感情や心理に陥っている場合に、適切にプラウに導くことができるのです。

何ができるようになりますか?

センセーション指定のカラーボトルを使って「センセーションのカラーセラピー」が提供できるようになります。

また、色について基本の性質を学びますから、手法にこだわらなければ、色紙を使ったり、塗り絵などかつかう簡単なセラピーメニューを組み立てたり提供することも可能です。

ただ、指定のボトルを使わない場合は、通常の「カラーセラピスト」としての活動になります。

「センセーションのカラーセラピスト」とは、指定のボトルを使ってのセラピーの提供時にのみつかえる名前です。

(カラーボトルを使ったセラポーのみセンセーションのカラーセラピーという提供名でセッション可能なので、別の折り紙や塗り絵のワークのみの提供であればカラーセラピストという位置づけになります。)

またカリキュラム終了後に、セラピーの提供したケースをレポート提出とティーチャー登録(登録料:25,000円)をすることにより。センセーションカラーセラピストを提供できるティーチャ資格を取得することも可能です。

受講に関して、ボトル購入の義務はありますか?

センセーションカラーセラピーの受講に関してのボトル購入義務はありません。

受講する中で、必要性を感じてかrの購入やセラピストとしての活動をなさるときに購入すればOKです。

センセーション・カラーセラピーのカリキュラムについて

カリキュラムは指定の12時間

センセーションのカラーセラピスト養成講座のカリキュラムは指定の内容と時間にそった12時間です。

La cachetteでは、ご都合に合わせて規定の12時間を2~6日に分けて受講日を調整して頂ける
少人数制(1~4名)の講座です。

2日間6時間×2日で終了させることも可能ですが、少し時間はかかりますが、3、4回に分けて受講するほうが身につきやすいようです。

カリキュラム内容(1講2時間)

第1講

  • カラーセラピー概論(Ⅰ)
  • カラーセラピーの意味
  • カラーヒーリングの歴史

第2講

  • カラーセラピー概論(Ⅱ)
  • チャクラとオーラについて
  • センセーションシステムについて
  • 10色のそれぞれの意味(1)

第3講

  • 10色のそれぞれの意味(2)
  • ・カラーリーディング練習

第4講

  • カラーリーディング実習(1)

第5講

  • カラーヒーリングの手法と考え方

第6講

  • カラーリーディング実習(2)
  • まとめ 他

受講料について

  • 66,000円 (テキスト代1,000円、本部登録料5,000円を含みます。)

※本部より修了証発行をご希望の方は別途2,000円がかかります。
※10本のカラーボトルは10本32000円でご購入できますが、受講にあたっての購入義務はございません。

※受講料は、受講日毎の分割でのお支払いが可能です。お問い合わせください。

お問い合わせ・申し込み

La cachette(ラ カシェット)

Sponsored Links