カラーセラピー(センセーション)概要やセッション料金について(福岡ラカシェット)

2017年8月7日




カラーセラピーは色彩心理療法の中のひとつです。

カラーセラピーと言っても、沢山の種類や技法がある中で、福岡La cachette(ラ カシェット)で提供しているカラーセラピーは、1995年にカナダのステファニー・ファレルによって確立された「センセーション」(Scent-sation)というシンプルな10本のカラーボトルを使っていく方法です。

この10本のカラーボトルを選んでいただくことで、本来の性格、課題や可能性を読み解き、今必要な色や心を静めてくれる色をさがしていきます。

選ばれた色は、癒やしの色=ヒーリングカラーだったり、運気を好転するためのラッキーカラーだったり。

その色を意識したり、身に着けたりして日常に取り入れていく色をご提案していきます。

Sponsored Links

カラーセラピーでどんなことがわかるのですか?

好きな色と苦手色、または嫌いな色って人によって違います。

また、以前は好きだった色でも、年を重ねたり環境の変化、またその色にまつわる何かしらの出来事を体験することによって、色に対するイメージや好き嫌いが変わってきます。

そういう意味で、選ばれた色はその時の心の状態やkラダの状態までも教えてくれることがあるんです。

体まで?

と驚きたくなるけど、体の状態までです。

どういうことかというと、よく例え話に出てくる「赤色」。

赤をイメージした時に、どういったイメージや光景が思う浮かびますか?

「赤」を見た時、もしくは「赤」と聞いただけでも、情熱的なエネルギーや火や陽、熱などをイメージすることがほとんどだと思います。

芸能人お方だと私の場合「赤」=松岡修造さんです。

ただ、この『「赤」=松岡修造さん』と思っているのは、私や世間だけで、もしかしたら、近い関係にあるご家族は地があイメージをおもちかもしれないそ、松岡修造さん自身は全く違うイメージを自分の中にお餅なのかもしれないのです。

もしかしたらとっても繊細でナイーブで臆病者で、それを見せないためにわざと明るく振る舞っていらっしゃるのだとすれば、松岡修造さんが自分を表す色は多分赤ではなのかもしれません。

話がそれてしまいましたが、元気で健康なときは違和感のない「赤色」は、こころが疲れているときだけじゃなく、体が疲れているときにも、「熱すぎてウザい」みたいなちょっと避けたい色になりがちです。

じゃ、逆に。体が元気なときはどうでしょう?

体が、調子の良い元気なときは、赤に対してどうでも良かったり、益々元気を貰えそうで、共感できるような気がしませんか?

赤が選ばれたのか、選ばれなかったのかによって、心の状態だけではなく体の状態までなんとなくですが察することは意外に簡単なのです。

少しケースを交えて説明します。

センセーションカラーセラピーの実際

3本を選んでもらった場合

センセーションのカラーセラピーは通常は6本のボトルを選んでいただいて、リーディングしていきます。

こちらはデモ的な3本のリーディングです。

リーディング内容

センセーションのカラーボトルの中から、この3本が選ばれた場合は、過去(本質)+(現在)+(未来)と、リーディングしていきます。

もともとエネルギッシュな方で、仕事や恋愛など、なにかに熱中して取り組んでいたことがお有りなようです。

多分「コレ!」と決めたら、他に目を向けることができなくなるくらいの集中力で向かていくパワフルさをお持ちのようです。

その集中力やパワフルさ、真っ直ぐさはとっても重要なんですが、時には周りが見えなくなてしまっていることも有り、ちょうど今がそんな時、

何か思い通りにならない事や大きな壁にぶつかっていたり、恋愛だったらショックな出来事が起きたばかりか熱が冷めている状態だし、仕事だったら、頑張りが報われないような失敗的なことや、良かれと表いた事が裏目に出ているのかもしれません。

ちょっと立ち止まった状態です。

ただ、未来は、仕事や恋愛にたいして、今の経験が愛情を注げるというのかな?感情を注いで、目先のことだけではなく、もっと先を見据えた考えや行動が起こせるようになりそうなのです。

ヒーリングカラーやラッキーカラーは、1色だけトーンの違う紫っぽい色になります。

少し落ち着いて、人や仕事に向かうことができそうだし、何かが終わってしまったのだとすれば、今までと違った仕事に目を向けたり、違ったタイプのあたらしい恋人候補が気になり出しそうです。

通常の6本リーディング

通常は、こんな風に6本を選んでリーディングしていきます。

7本になっていますが、ヒーリングカラーを見つけているところです。

カラーセラピー01

 

こちらも、通常の6本を選んだあとに、ヒーリングカラーを見つける作業をしているところです。

 

センセーションカラーセラピーの特徴は?

沢山のカラーセラピーの中で、センセーションカラーセラピーの特徴は、選ばれなかった色に注目することです

極端に言うと、選ばれた色よりも、選ばれなかった色のほうが大事かも?と思ってしまうくらいです。

  • 嫌いな色だから選ばれなかったのか?
  • その色の持つエネルギーが既に満たされているから、不要で選ばれなかったのか?
  • 全くその色に興味がなくて選ばれなかったのか?

選ばれなかった理由もいろいろあって、それをなぜ?って少し掘り下げていくことによって、今まで気づかなかったことに気づけうことがたくさんあるんですね。

ヒーリングカラーやラッキーカラーを見つけることよりも、色を通してなぜ?に気づくことが目的とも言えるセラピーです。

ただカラーボトルを選ぶだけでも、思いの外、癒やしの効果が期待できるセラピーです。

セッション時間と料金について

センセーションのカラーセラピーのセッション料金は

  • 60分:4,500円

カラーセラピーを学びたい方は

⇒ センセーション ベーシック カラーセラピスト養成講座

お問い合わせ・お申込み

La cachette(ラ カシェット)

Sponsored Links