名古屋に初めて行ってきた。日本一高いスタバとか生もみじも初!




先週末、人生初めて名古屋に行ってきました!

福岡から大阪や名古屋は、1泊の飛行機で行く格安ツアーのほうが断然お得に行けるのですがなんせ、猫のトイレ事情の関係で、とても1泊なんてできっこないのです。

新幹線も同じく格安パックは、全部宿泊プランになっていて、チケットだけだと割高なんですよね。

さすがに東京まで新幹線では行けないけど、名古屋って調べてみると、近年は3時間ちょっとではありませんか!

大昔は、5時間位かかっていたような・・・

名古屋に行った目的は、残念ながら観光ではなく、ちょっとした勉強会に参加するためだったので、セミナー会場も駅チカで、会場までの移動時間なんかを計算すると、かかる時間も対して変わりません。

そうなると座っておけば到着する新幹線の、楽ちんさが圧勝しました。

Sponsored Links

名古屋の気温は27℃の猛暑だった

先週末の福岡は、朝晩ものすごく寒くて、ファンヒーターの中に残っている灯油を消費するのに最適な気温でした。

というか寒すぎました。

サロンでも夜エアコンじゃ間に合わなくて、ストーブ付けたくらいです。

で、行き先、名古屋の当日の天気や気温を調べてみると、最高気温27℃。

福岡の最高気温は24℃。

朝早い便だったので、車両はスカスカに空いてると勝手に思い込ん、指定席とらずに乗り込んだら、九州新幹線とは勝手が違っていました。

GW終わったばかりなのに、みんなおこに言ってるんだろうって感じです。

そして、新幹線の中から既に人の多さで暑かったのですが、名古屋駅を出ると、日差しがすっかり夏のようで、セミの鳴き声が聞こえてきそうでした。

お昼前に到着して、私が参加する勉強会とは別グループに混ぜてもらってお昼ご飯。

あまりゆっくり食事をする時間はなくって、私と群馬から来ていた方は、名古屋っぽいものが食べたいと味噌おでん定食。

地元の方2人は涼しそうな海鮮丼。

そして近くに「日本一高いスタバがある」っていうので、大はしゃぎで向かっったわけですが、高いというのは高額メニューが有るというわけではなく、ビルの高い場所にあるスタバでした。

なーんだ(笑)。

デッキからは名古屋城が遠くにみえるのですが、人が一杯で座れず、時間もあんまりなくって大急ぎで飲んだのがこちら。

アイス ゆず シトラス & ティー。

果皮や果肉がゴロゴロで凄く美味しかった。

お昼の定食も、日本一高いスタバも、写真は撮る暇なしでした。

ピンクグレープフルーツなどの様々なシトラスに国産のゆず果皮を組み合わせ、酸味を抑えながらも豊かな風味に仕上げたティービバレッジ。ピンクグレープフルーツや桃の果肉感、ゆずの皮の食感が特徴です。

引用:http://www.starbucks.co.jp/beverage/tea/4524785302822

ノリタケの森へGO!

一緒に食事をしたメンバーは、午後13:00から打ち合わせがあるとのことで、別れて、私はセミナー時間の15:00まで少し時間があったので地下鉄でひとつ隣の駅にある「ノリタケの森へ」。

当日、予約無しで絵付け(所要時間90分程度)が出来るというので、ギリギリだけど絵付けをしようと向かったのですが、名古屋駅の地下鉄乗り場の構内、広すぎました。

地下鉄3本が、路線ごとに色分けしてあって、私が乗るのは「東山線」。

黄色の電車に乗ればいいよと聞いて、黄色の乗り場はすぐそこにあるっぽいのに、遠い。

地下鉄に乗る前にトイレに行っておこうと思ってもトイレもない。

改めて博多の便利さに気がつきました。

福岡の市営地下鉄は2本で、ホームが離れている不便さはあるけど、七隈線なんかホーム内のトイレの数も多いし割とわかりやすいところにあるんですよね。

しかも改札手前、というか改札口出てすぐにもトイレがわかり易い場所にある。

やっと黄色い地下鉄乗り場を見つけて改札に入ったら、目の前の改札の外にトイレがあった。

ちょっと迷ったけど一旦改札を出て、トイレに行ったら人がズラリー。

しかもトイレの個数も少ない。

そんなこんなで、ノリタケでの絵付け時間90分は無くなってしまったのでした。

しかも、地下鉄最寄り駅から徒歩5分足らずの場所にある「ノリタケの森」まで歩くと、もう汗だくです。

ノリタケショップで雑貨をみて、涼んだあとは同じ敷地内のビオトープエリアへ。

 

良さげなエリアなんですが、とっても狭いスペースに人工的に浅い川が作られて沢山のメダカが泳いでいました。

都会の真ん中なんですが、メダカをついばみに来る野鳥もいましたよ。

ノリタケの森の詳細

  • 住所:451-8501 愛知県名古屋市西区則武新町3-1-36
  • URL:ノリタケの森

このあと、大急ぎで同じ黄色い地下鉄「東山線」にのって、名古屋駅を過ぎて逆方向の伏見駅へ。

駅からセミナー会場へ行く途中に「吉野家があるから」と聞いていたので吉野家目指して歩いた先の会場に到着。

館内に入ると大量の汗が吹き出します。

これはホットフラッシュと暑さのせいで、もうどうしようもないんですよね。

セミナーは2分形式で、主催者の話と企業さんの話。

ビジネス系のセミナーで初心者から中級者向けの内容だったので、殆どは個人事業主とか、個人事業開始前の人とかで若い方たちばかりでした。

具体的な質問が飛び交っていて、ついていけない話もあるなかであっという間にセミナーは終了して、懇親会場へ移動。

若い男性が殆のセミナーで、福岡や佐賀からの参加者も多かったのですが、私が仲良くなったのは京都在住の女性の四柱推命の先生。

業種は違えど、人生観を含め今の仕事を時代にマッチさせる取り組みはとても勉強になりましたね。

占いなどのお悩み系って、いつの時代も需要はあるけれど、そのやり方を時代にマッチさせないと個人で継続するのって難しくなるんですよね。

自分の事業を、時代のニーズに合わせるため作戦的なことを、ちゃんとみんな考えながらやっていらっしゃるんだなと、いい刺激をもらえた時間でした。

懇親会が終わる前に、新幹線帰宅組の私と、四柱推命のお姉さん先生は一足先にその場を離れて、名古屋駅へ。

広い駅の構内、新幹線乗り場をめざしながらトイレを探すんですがやっぱり、トイレ案内が見つからないんですよねー。

トイレ探しで、最終列車を逃すわけにはいかないので、とりあえず列車の中で用をたすことにして、お姉さんは先にこだまに、私はその後に到着するひかりで帰って来たのでした。

名古屋から博多までの3時間ちょっと、寝て帰ろうと思ったら東京発の自由席はまたもやギュウギュウ。

みんなどこに行ってたんだろう???

美味しそうにお弁当とビールを食べてる男性の席の隣に座ったのですが、お弁当の後にチョコレートやらビーナッツやらのおつまみとグイグイすすむビールを横目で見ていたら、お腹いっぱいのはずの自分おお腹に空きスペースが出来るんですね。

新大阪でお隣さんは下車して、車内もゆっくりになったところで、車内販売で生もみじ(もみじ饅頭の生バージョン)とチップスターをかって、お腹を再び満足させたのでした。

生もみじは、皮がモッチモチですごく美味しいけど、日持ちがしないことと売ってるお店が限られてるって聞いていて凄く気になっていたのです!

それがこちら。

確かにモッチモチでおいし。

新幹線チップスターは、焼酎のパッケージのようなこんなの。

さつま白波って、こんなパッケージじゃなかったっけ?

帰りの新幹線内では、頭が冴えすぎて結局ウトウトもできないまま博多へ0:00ちょっと前に到着。

バスはないのでタクシー乗り場に行くとここもずらりと人の列で、ここでもみんなどこにいってたんだろうって感じです。

駅前4丁目まで歩いてタクシーを拾って、ようやく帰宅。

心配していた猫トイレは、100円ショップの水切りかごを増設して仮設トイレを増設していたので、思ったほど大変な状況ではなかったことが救いでした。

と思ったら、

みんな我慢していたようで、トイレ掃除をしてる片っ端からトイレに集まってきて順番に用を足しにきます。

人も猫も、ご飯よりもトイレが大切ですね。

トイレ掃除と、いつもの猫ご飯の準備が、1日をリセットしてくれる大切な時間で、久しぶりの日帰り遠出でした。

Sponsored Links

まとめ

ここでは初めて名古屋に行ったよ、という日記記事です。

名古屋に行ったといっても、観光とかではなかったので滞在時間も短かったけど、勉強会には東京から深夜バスで来たという若い女の子や、秋田からはじめて名古屋に来たという若い男性や、私よりも先輩クラスの年齢とかお立場の方とか、バラバラの業種なので普通は接点のない方との交流が久しぶりでとっても刺激になった1日でした。

主催者の方は趣味で革工芸をやっていらっしゃって、お母さんが私の年齢とほぼ一緒というお若い方だったのですが、まだ小さいお子さんの小学校入学時にランドセルを作ってあげたいと思ってる、と云う話に惹かれて、参加したセミナーでした。

イケメンすぎる金髪青年でした(笑)。

今回、名古屋行きの格安チケットを調べていて検討したのがこちら。

●飛行機 ⇒ 国内格安航空券を一括比較!

●新幹線 ⇒ 格安!新幹線の旅

●結局買ったのは ⇒ チケット福岡

天神ビルで購入したのですが、店員さんの対応は、うーんでした。

新幹線も「こだま」利用だと、私の年令になると「おとなび」っていう安いチケットが購入できるんですよ(トシがバレるけど)。

人気ブログランキングにも参加しています。応援いただけるとうれしいです。


人気ブログランキング

 

Sponsored Links