蟹座☆12星座別アロマのブレンドレシピ-01

2017年9月10日




蟹座をイメージした香りのブレンドは「クールビューティー」。

風をイメージするような軽い感じの組み合わせの中には、温かさもプラスされています。

この組み合わせに使う精油のお値段は、比較的購入しやすいものばかりです。

余裕があったら、是非この通りのブレンドでスプレーを作ってみてほしいなと思います。

Sponsored Links

蟹座のキーワード

蟹座のキーワードは、リラックス、心地よさ

蟹座のリラックス出来る心地よい居場所をイメージした香りのブレンドは、和精油を中心に、凛とした静けさとその中にありながら心の疲れをとり覗いてくれる、優しさと温かさを併せ持った香りです。

また、気持ちのバランスを整えてくれる、かに座のキーワードにもなっているベルガモットとビターオレンジ(橙)で、親しみやすさもプラスされています。

蟹座のアロマブレンドレシピ

アロマの種類とレシピ

  • ビター・オレンジ(橙):2滴
  • ベルガモット:4滴
  • カモミール・ジャーマン:1滴
  • クラリセージ:2滴
  • ホーリーフ:2滴
  • プチグレン:1滴
  • 杉:3滴

1%濃度の水溶液や希釈オイルオイルの計算方法

上記の精油を全部足すと、合計が15滴。

この精油を1%濃度で使いたい場合の計算式は15×5=75

*0.05滴を5で計算します。

使用方法

ルームスプレーの場合は

蟹座さんのブレンドは、是非スプレーで作って欲しいなと思います。

シュッとしたその空間は、あっという間に浄化されたクリーンな場所に変わるはずです!

  • 無水エタノール(ウォッカ)10ml
  • 精製水(ミネラルウォーター軟水)65ml
  • 精油:15滴

スプレーは2周間以内に使い切ってください。

オイル希釈の場合

  • 75mlのキャリアオイルに15滴

おすすめのキャリアオイルは、

  • スイートアーモンドオイル
  • ホホバオイル
  • マナダミアナッツオイル(お肌の加齢かが気になる方用) などです。

オイルベースのものは1ヶ月以内にお使いくださいね。

ベルガモット精油は要注意!

蟹座さんの精油のブレンドで特に気をつけなければいけないのは、ベルガモットです。

ベルガモットには、光毒性と言って、皮膚に付着したまま日光にあたると、シミになったり炎症を起こす成分が多く含まれています。

この成分を含む精油は主に柑橘系の精油です。

柑橘系の精油は、果皮に含まれている香り成分を、圧搾法という圧をかけて絞るような方法で抽出していくのですが、この方法で抽出された柑橘系の精油には、フロクマリンの中のベルガプテンという成分が含まれるものがあります。

この成分が光毒性を引き起こす成分で、ベルガモットの他には、

  • グレープフルーツ
  • レモン

があります。

ただ、最近では、このベルガプテンを排除した精油も多く流通していて「フロクマリンフリー」とか「FCF(ベルガプテンフリー)」の表示で売られています。

【生活の木】エッセンシャルオイル(精油) ベルガモット(ベルガプテンフリー) 3ml

植物としてのベルガモットの香りは、紅茶のアールグレイの香り付けににつかわれています。

なので高価なアールグレイにはみかんの皮、いわゆる陳皮(チンピ)が混ざっています。

ベルガモットはまた、ウツっぽいなと思う場合の香りの選択肢の中ではNO.1です。

まとめ

ここでは、星座別のアロマレシピの『蟹座』について、AEAJの季刊誌(No.84・2017年Summer)に掲載されていた、レシピや、私自身の経験や解説を添えてご紹介しています。

⇒ 12星座別アロマのブレンドレシピ☆安全な使い方と注意点

Sponsored Links